遺言・相続

相続相談

家族や親族が亡くなったが、相続はどうなるでしょうか。
遺言が遺されていたが、その場合の手続は。
親族の一部がある主張をしているが、その主張は法律上の根拠があるのでしょうか。
相続に関しては、様々な疑問が寄せられます。
弁護士法人下村法律事務所では、弁護士が依頼者から事情をお伺いし、相続に関する疑問・質問等にお答え致します。

遺言

弁護士法人下村法律事務所では、遺言の内容に関する相談や遺言書の作成、遺言の実行手続を行っております。
お気軽にご相談下さい。

遺産分割

遺言等がなく、相続人が複数いる場合、遺産を相続人に分けていく手続(遺産分割手続)が必要となります。
遺産分割手続は、任意の交渉で解決する場合もあれば、裁判所を利用した手続(遺産分割調停など)にて解決する場合もあります。
遺産分割手続では、他の相続人との交渉、裁判所への調停申立て、及び調停への参加や交渉などが、弁護士の主な業務となります。
弁護士法人下村法律事務所では、弁護士が依頼者から事情をお伺いし、手続の内容等につき、ご説明致します。

ご相談の際に持参いただきたいもの

以下の資料があればご持参ください。
  • 相続関係図(自作で可)
  • 相続財産が分かる資料
    • 登記簿謄本
    • 固定資産税課税明細書・名寄帳
    • 預貯金通帳
    • 保険証券
    • 車検証
  • 遺言書
遺言・相続は鹿児島の頼れる弁護士 下村法律事務所までご相談ください。